【相手を抜くためのフェイント5選!】わかりやすいジュニア向けドリブル練習

【相手を抜くためのフェイント5選!】わかりやすいジュニア向けドリブル練習

簡単に使えて相手を抜きやすいフェイントとは!?

ドリブルでボールを運べるようになっても必ず、1対1で相手を抜かなければいけないシーンが出てくると思います。

この記事では、フェイントの動作をわかりやすく紹介している動画をご紹介します。今回紹介する動画はREGATE ドリブル塾さんの”簡単!抜ける!5つのオススメフェイント”からご紹介していきます。

引用元:REGATEドリブル塾  簡単!抜ける!5つのオススメフェイント  より

抜くためのフェイント① シザース

サッカーの中でも最も良く知られているフェイントです。

利き足でない方でボールをまたぎ、着地と同時に逆の足でボールを抜きたい方向へ運ぶフェイントです。

進行を方向をだますフェイントのため、上半身も大きくモーションするのがポイントです。

抜くためのフェイント② ロール

足裏でロールをした後、逆足のインサイドでボールタッチをし、相手をかわすフェイントです。

最初のロールの際にななめに転がすと、相手に引っかかって(当たって)しまうため、できるだけ真横に転がすのがポイントです。

抜くためのフェイント③ ステップオーバーターン

シーザスフェイントとは違い、外側から内側、逆方向にまたぎます。

ボールを本当に触るかのようにまたぎを入れるのがポイント。

シザースと同様に足先だけではなく、体全体でその方向に行くかのように見せることで相手がひっかかりやすくなります。

キックフェイントなどと合わせて使えると、試合の様々な状況でより有効に使えます。

抜くためのフェイント④ クライフターン

元オランダ代表であったヨハン・クライフが良く使っていたことからその名前がついている有名なフェイントです。

踏み込んだ軸足の後ろにボールを通すようにしてターンをします。

ターンはインフロントの部分を使ってタッチするが、この時軸足にボールが当たってしまわないように、予め軸足はボールの少し前に踏み込むのがポイント。

キックフェイントと使うとより有効的です。

抜くためのフェイント⑤ ビハインドターン

方向を変えたい時や、相手のディフェンスが足を出してきたときに使えるフェイントです。

軸足の後ろにボールを隠すようにしてターンをします。

ボールを引くと同時に軸足を軽くジャンプさせ、インフロント部分でボールタッチしターンをします。

まとめ

いかがだったでしょうか。どれも実用的で覚えると使いやすいフェイントばかりです。まずは1つずつ試合で使えるようにマスターしていきましょう!

ドリブルカテゴリの最新記事