【ボールを運ぶドリブルの改善】わかりやすいジュニア向けドリブル練習

【ボールを運ぶドリブルの改善】わかりやすいジュニア向けドリブル練習

サッカーにおいてドリブルはボールを、敵陣に向けて運ぶ基本的なスキルです。

時には、相手を抜きチャンスを作り出す武器にもなります。

ドリブルが上手くなりたいというジュニア・お子さんがドリブルが上手くなりたいけどどうやって改善していいかわからないといったお父さん向けにわかりやすい動画をまとめましたのでご紹介していきます。

ボールを運ぶドリブル

ドリブル中ボールが大きくでてしまうのを改善するための練習について、「サッカー家庭教師 やたべさんのyoutube動画」にてわかりやすく解説されています。

足の蹴り上げによる改善

引用元:サッカー家庭教師 「速攻上手くなるドリブルの練習方法」より

原因は足がスムーズに前にでないこと

※足がでないので(もしくは後ろから足が出てくることにより、その結果、蹴りだしたボールは加減ができずにボールが前にでる、もしくは突っかかった感じになる)

足が前にでるようにするには

キックボクシングの要領で効き足の足で10~20回蹴る
※低学年時は受けてはボールでもいいが高学年だと危ないのでキックミットなどがよい。

ドリブルをしてみると、スムーズに足が前にでるようになる

ケンケンによる改善

また足を前に出すための練習では別の動画では走り方の紹介をしています。

引用元:ッカー家庭教師 「 ドリブルに差がつく!走り方・ケンケンの話 」より

原因は足がスムーズに前にでないこと

※足がでないので(もしくは後ろから足が出てくることにより、その結果、蹴りだしたボールは加減ができずにボールが前にでる、もしくは突っかかった感じになる)

足が前にでるようにするには

ケンケンの時に利き足がカラダより前に出した状態で進む。

※逆に利き足がカラダより後ろにある状態だと、足が後ろから出てきている状態となる。

ドリブルをしてみると、スムーズに足が前にでるようになる

結論

ボールが上手く運べない点について、もっとも意識すべき点は

利き足(ボールにタッチする足)が、ボールにタッチする時に前から前からでてくることで改善できるでしょう。

 

是非動画をチェックして練習(もしくはお子さんに教えてあげてみてください)してみてください!

ドリブルカテゴリの最新記事