【ジュニア世代にもおススメ】スパイク/シューズのインソール(中敷き)の効果とは?

【ジュニア世代にもおススメ】スパイク/シューズのインソール(中敷き)の効果とは?

インソール(中敷き)って必要?

多くのプロサッカー選手も愛用しているインソール。

ジュニア世代において、スパイクのインソール(中敷き)は使うべきでしょうか?

恐らく、サイズ調整やつま先がすり減らないように使うんじゃ・・ぐらいに捉えられている親御さんも多いのではないでしょうか。

結論から言えば、可能な限り使用した方がパフォーマンスの向上につながります。

では何故使用した方がいいのか、この記事ではご紹介していきたいと思います。

インソールを履くメリット・効果

最近のインソールは、機能性が高くなっており履くことで多くのメリット・効果が得られることができます。

(このようなインソールは”機能性インソール”と呼ばれます。)

ではどのようなメリットや効果があるのでしょうか。

機能性インソールを履くことで得られる3つのメリットや効果

機能性インソールを履くことで大きく以下の3つのメリットや効果をえることができます。

①疲労軽減
②重心の改善

それぞれ、具体的に見ていきましょう。

①疲労の軽減(アーチを支える)

私たちの足裏(土踏まず部分)には、図のように外側の縦アーチ、内側の縦アーチ、横アーチと3つのアーチがあります。 そして、このアーチには、非常に大切な3つの役割・機能があります。

(1)【安定性】立った状態で姿勢をしっかり安定させ、保持する機能
(2)【運動性】スポーツなどの運動の際に、動く力を地面に確実に伝える機能
(3)【柔軟性】クッションのように働くことで体重の過度の力を察知し、衝撃を吸収する機能

引用:sidas

この3つのアーチが正しい状態であれば、足本来の力を発揮することができますが、 私たち現代人は、アスファルトの上で靴を履いて生活する環境などの様々な要因によって ( 1999年の東京厚生年金病院の調べでは )約84%の人 アーチが崩れているというのです。

上記でいう(3)の衝撃を上手く吸収できていないということなのです。

当然上手く吸収できなければ足に負担がかかるのですが、これをインソールを履くことで、アーチの崩れをサポートし、負担を軽減してくれるのです。

②重心の改善

引用:BMZ

上記の図を見てください。赤い部分がより重心がかかっているところになります。

左の図がインソールを履く前ですが、かかとに主に重心がかり、足先にはあまりかかってないことがわかります。

右の図のインソールを履いた後の図を見ると、足全体で重心をとれているのがわかります。

重心が足裏全体でとれるようになれば、地面からの負荷をバランスよく吸収できるとともに、逆に移動時には足裏全体で地面をとらえて移動できるので、より力強く動作することが出来ます。

まとめ

今まで捉えることができていなかった力を正確にとらえることで、実際のサッカーにおいては、以下のような改善や効果が期待できるといえるでしょう。

■ダッシュ時の1歩目の踏み込みからの加速向上

■フェイントやターンなどの細かいステップ時の踏み込み向上

■しっかりとした軸足の踏み込みによるシュート力の向上

シューズカテゴリの最新記事